FC2ブログ

Thomasのカリフォルニア日記

日常の生活で感じたことを、徒然なるままに書き留めていきたいとおもいます。

Vinod Khosla氏セミナー

友人のS.Y.君に教えてもらったスタンフォード大学起業家精神リーダー(ETL)セミナーに行ってきました!
私は起業家の考え方は企業での基礎研究者に非常に似ていると感じており、特に起業家・ベンチャーキャピタリストの両方で成功しているKhosla氏のセミナーということで聴講に行きました。


Vinod Khosla (Sun Microsystems共同設立者、Khosla Ventures)

【略歴】
Vinod Khosla (Sun Microsystems共同設立者)
インド生まれ。インド工科大学デリー校卒業(学士)。カーネギーメロン大学医用生体工学修士、スタンフォード大学経営学修士を取得。1982年サンマイクロシステムズ社を設立、最高経営責任者に就任。1986年ベンチャーキャピタルKleiner Perkins Caufield & Byersのゼネラルパートナーに就任。2004年個人でベンチャーキャピタルKhosla Venturesを設立し、環境系ベンチャーのみで45社に投資している。インド人起業家支援組織TIE(The Indus Entrepreneurs)の設立者。


【内容】
「本当のイノベーションとはほとんど魔法のようなもの」であるという説明をラジオなど重大な発明をしたときの周囲の反対意見「誰がそんな宙に飛んでいる声を聞きたいのか?」などをたくさん例に用いて説明していました。彼はこの例から「人ができそうだと思えることをやるのはイノベーションではない」という考えを強調していました。この考えは彼がベンチャー企業に投資を行う際でも最も重要な評価基準だとのことです。
環境ベンチャー投資に関しても、2020年に90億人に増加する世界人口に対して、10%二酸化炭素を削減するような技術では追いつかず、90%二酸化炭素を削減するような技術を発明しなければいけないという考え方のもと、現在のハイブリッドカー、風力発電、太陽光発電、第一世代バイオ燃料(食料由来バイオエタノールなど)、二酸化炭素貯留などは役に立たないぞと非難していました。

プリウス:家の屋根9m2を白ペンキで塗ったほうが温暖化対策としてはいい。
風力・太陽光:エネルギー貯蔵の技術がないとスケールアップできない。
第一世代バイオ燃料:食料を原材料に使う限り、将来性なし。
二酸化炭素貯留:現在のやり方は全く意味がないのでは。

また、常にテクノロジーは”The art of the possible”可能性の高い方へ進展していくが、イノベーションはそのような過去の延長線を超えていくものである、尤も技術に関する予測などは成り立たないということでした。以前高額だった長距離電話が無料通話になるとは当時誰も想像できなかったとのこと。

また、彼は起業の一般的なアプローチとして、「大きな問題を提起し、そこに最適な人材と発想力、起業に対するエネルギーとほんの少しの欲を加えるものだ」ということを言っていました。

その後、彼がKhosla Venturesとして投資しているベンチャー企業45社のうちいくつかに関しての紹介がありました。やはり、ここまでの彼の発言からも分かるとおり、なかなか挑戦的なベンチャー企業が多々ありました。特に強調していたキーワードは「コスト効率の良さ」でした。

・Calera: 二酸化炭素貯留を地中でも海中でもなく、建材であるコンクリートに貯留する技術を開発しているベンチャー企業
・LS9: 石油(脂肪酸)を体外に分泌する微生物を用いたバイオガソリンの技術開発を行っている。
・Soraa: 緑色レーザーダイオード(緑色LED)を用いて全ての波長の色を作る。
・NanoH2O: ナノテクノロジーを用いた海水淡水化用メンブレンによる海水淡水化の省エネルギー化技術


質疑応答の中で、Khosla氏は「私は経済学者が予測するような市場予測や技術開発の動向などの考え方は信用できない、そんなものに縛られてよいアイデアが出ないようでは意味がない」と言っていました。彼はどうやら根っからのテクノロジストのようです。
今回彼のプレゼンテーションの中で最も印象に残ったフレーズは

“Try and fail, but don’t fail to try”

でした。シリコンバレーの心意気を端的に示しているような気がします。
スポンサーサイト



  1. 2008/10/31(金) 14:20:08|
  2. ビジネス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンディエゴ動物園

先日、TMの学会についてサンディエゴに遊びに行ってきました。はじめて覗いた学会という世界、とっても活気があり研究者にとって大切な時間であることがわかりました。ある都市に世界の学者がわざわざ集まってきます。結果として、夜はビールを片手に情報交換が行われ、コラボレーションの話なども決まって行きます。また、20代の学生達も年に数回このような世界各地で開催される学会で顔をあわしていくなかで、仲が良くなり、自分たちが教授になった時に同じような世界をつくりだすのだろうと思います。ただ、遊びにいっているのではないのだとはじめて判りました。笑

半日あった自由時間には、世界的に有名なサンディエゴ動物園で遊んできました。自然に近い形で動物達が過ごせるように考えるのがとても伝わってくる動物園で、時には人間が檻の中に入って見学することもあります。やはり、表情の豊かなサル・オラウータン・ゴリラはかわいいですね。ガラスで隔てられているので、まじかで見る事ができ、表情が豊かでとても楽しいのです。しかし、夏に旅したコスタリカで出会った、野生のサル達とは動きや家族の関係などが違い、ちょっとかんがえさせられました。

かわいいおしりが沢山ありました。

20081017_377_.jpg

20081017_378_.jpg

20081017_381_.jpg

20081017_384_.jpg

20081017_391_.jpg

20081017_406_.jpg

20081017_430_.jpg

20081017_431_.jpg

20081017_440_.jpg


TMは「こんなにかわいいお尻があるなら、一眼レフカメラを持って行けば良かったー」と残念がっていました。今回の写真は、コンパクトデジカメで撮影です。
(S.M.)
  1. 2008/10/19(日) 01:29:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

29歳

今日で29歳になりました。
不思議な気分です。

というのも、昔見たドラマに、「29歳のクリスマス」というドラマがありました。
何となくしか詳細は覚えていませんが、29歳の3人組(山口智子、松下由樹、柳葉敏郎)が30歳を目前にしてこれからの仕事、恋愛などに対して悩んだり、迷ったりするというドラマでした。
これを見て、おお、29歳は人生で最も輝く時期ではないのか?女性は29歳の人が一番かわいいのではないか?なんて固定観念のように私のイメージができていました。(おんなのひとと付き合うなら29歳の人がいいんじゃないか?なんて思ったりもしていました。1年たてば30なのに。)

今、その歳になってみたんですが。よくわかりません。
これについては1年かけて考えましょう。


今日はS.Mに誕生日プレゼントをもらいました。
最近ずーっと気になっていた一眼レフ用のレンズです。
師匠のTS氏とも何回か相談して、結局Ai AF Nikkor 35mm f2Dを選びました。

20081019_451_.jpg


性能はまあ使いこなす腕次第なのでおいといて、
かっちょいいです。軽いです。

カメラがんばりたいですね。

(T.M.)
  1. 2008/10/19(日) 01:27:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

勝ったぞ!

今日は、スタンフォード大学VSアリゾナ大学のアメリカンフットボールの試合を見に行ってきました。6万人収容できるスタジアムで行われるため、当日は一部道路が閉鎖され、そこら中に臨時駐車場が出来ます。私たちは、近くのハンバーガー屋さんで、まずは腹ごしらえをし、会場に向かいました。会場の90%以上が、スタンフォード大学のテーマカラーである深紅色で染められる中、選手達が入場してきます。お決まりの国家斉唱や花火などが終わると、いざ試合開始。

IMG_0565.jpg

リーグ一位のアリゾナ大学が相手だとあまり期待出来ないのではと思いながら見ていたものの、スタンフォードもなかなか健闘します。相手のアリゾナ大学は、長距離のパスや正面突破で走るなど華やかに試合をするのに対して、スタンフォード大学はジリジリと前に進んで行く試合展開で確実に試合を前に進めて行きます。途中は、アリゾナ大学にリードをされ厳しいかな?という場面もありましたが、最後25秒で逆転ゴール。私たちは、ゴールの前に座っていたので、劇的な瞬間も目の前で見る事が出来、その迫力に大興奮。アメフトの場合、ゴール裏は試合が片方からしか見えないので、特等席ではありませんが、選手達の動きがよく理解出来、試合展開を知る事ができ良かったです。生で見るスポーツの迫力ってとても楽しいですね。母校もアメフトは結構強いのですが、見た事がありません。一度見てみたなと思いました。

IMG_0672.jpg
迫力の試合

ちなみに、今日は大学のいろんなところで同窓会が開かれていました。なんといっても、一番盛り上がっていたのは卒業して50年の皆様。特別な日ということで、ハーフタイムにはグランドに出て、皆さんから大歓声で迎えられ、スクリーンには当時の写真などが流されていました。しかし、当時の卒業生は殆どが白人。今のように、黒人、ヒスパニック、アジア人など人種の多様性がないのに、時代を感じました。ちなみに、女性は結構いました。同窓会をアメリカンフットボールの日に開催することで、同窓会も盛り上がるし、フットボールも盛り上がるし、一石二鳥ですね。

IMG_0610.jpg
1958年卒業の皆さん

(S.M.)

  1. 2008/10/12(日) 18:42:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Thomas CA

Author:Thomas CA
Thomas
2004年生まれ。くま。
2年間、CA(カリフォルニア)を堪能して、現在は強敵K.M.に好かれるべく努力中。

T. M.
Thomas Familyあるじ。会社から派遣され、大学で研究していたのも今となっては泡沫の夢。現在は日本でお仕事中。お外で遊ぶのが大好き。

S. M.
Thomas Familyの元専業主婦。
3年間の専業主婦を終え、満を持して仕事に復帰してからはいっぱいいっぱいの日々が続く。

K. M.
Thomas Familyで一番のあばれんぼう娘。まだまだ人生経験は浅いものの、日本語を悪用し、他人のおもちゃを横取りするときは「じゅんばんこ♪」他人のご飯を横取りするときは「はんぶんこ♪」

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

RSSフィード