FC2ブログ

Thomasのカリフォルニア日記

日常の生活で感じたことを、徒然なるままに書き留めていきたいとおもいます。

自転車で太平洋を見に。

先週末の月曜日、この日はMemorial Day というお休みでした。
研究室の学生に「この休日ってどんな由来なん?」と聞くと、
「誰かえらい人が亡くなったんとちゃうの?」
と言われました。

大学で無料で行われている英語の授業でS.M.が聞いてきたところによると、「戦争で亡くなった人を弔う日」だとの事です。

ということで、この日はお休みだったので、2日ほど前にせっかくだから遠出をしようという話になりました。なんかS.M.は最近自転車を一緒に乗る友達(というよりも連れて行ってくれる友達)ができたことから妙に自転車にはまっているようで、鼻息荒く「太平洋、見に行こ。」「太平洋、見に行こ。」と連呼していました。

私たちが住んでいるスタンフォードあたりは半島の東側、太平洋までは山をひとつ越えて行きます。コースは太平洋を見に行くコースの中では最短の100km。8年前の大学生時代でもS.M.には結構ぎりぎりの距離です。

080528BikeToPacificOcean.jpg


安全を見て朝早めに出発したのですが、この日はこの時期ありえない寒さ。朝は10℃を切っていました。私は学生時代以来久々のサイドバック装着で出発しました。

最初は1時間位延々上り坂、さっそくS.M.はばてています。他のチャリダーにどんどん抜かされる。この辺のおじいさんはほんとに速いです。私もまったくついていけません。
この後の下り坂が私にとってはこの日最もつらい時間でした。断然下り坂の好きな人だったのですが、この日の下り坂は寒すぎて、帰ろうかと思うくらいでした。

この後だらだら天国のような緩やかな下り坂を走り、太平洋が見えてきました。やった!と思いきや、ものの3分で帰り道の上りに突入。ああ、コースの選択を間違えたのか、とこのとき気づきました。次はもう少し太平洋沿いに走りたい。

080528PacificOcean2.jpg


帰りの上りはS.M.にとってはかなりきつかったようです。ご飯を食べるところもなく、いつまで続くか地図を見ても良くわからない上り坂。ずーっと「なあなあ、あとどのくらい?」「半分来た?」ばかりです。最後はかなり機嫌が悪くなっていました。

080528PacificOean4.jpg


ただ、最後の下りは良かったです。スタンフォードのある半島東側の景色が一望できました。
結局、8時間くらいで往復することができました。ふとももはパンパンでしたが、また行きたいと思います。

080528PacificOcean3.jpg


行ってみたい人はお気軽にご連絡を。

(T.M.)

スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 00:18:23|
  2. 旅行・アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大切な、ゆるーい感じの休日

今日は友人のS夫妻と写真を撮りに近所のFoothill Parkへ行きました。
Foothill Parkは私の住んでいるパロアルト市が管理している公園で、パロアルト市民がいないと中に入れないというアメリカっぽい一面もあります。公園は山の中腹にあり、湖でカヌーや釣りをしたり、ハイキング(最長5時間)やバーベキューなども出来たりするなかなか大きな公園です。

S夫妻は奥様が仕事先から大学院へ留学中で、旦那様はそれまでの職場を退職し、プロの写真家となるべくこちらで写真の学校に通っています。S奥様が留学、S旦那様が主夫をされていたり、S旦那様がプロの写真家で風景好きだったりと、私たち夫妻は最初に会ったときからS夫妻の大ファンです。

今日はS旦那様に写真の撮り方を教わって、ついでにお昼はピクニックしよう!ということだったのですが、結局は「お昼のピクニックという名目でお酒を飲もう!時間が余れば写真もね。」という感じになりました。久しぶりに会ったので、話するのが楽しいんですね。

もちろん、写真も撮りました。公園内のハイキングコースをぶらぶらと散歩しながら被写体を探して、楽しく話をしていました。
生まれてはじめて、「写真を撮るために歩く」ということをしたのですが、なかなか難しかったです。目で見て「いい」画とカメラのファインダーから覗いていい画は違うんだなぁとか、レンズによっても色々写真が変わってくるんだなぁとか本当に勉強になりました。

S旦那様が持っていたレンズを借りて私のと比べてみました。

20080525_003.jpg


20080525_005.jpg


とても小さなてんとう虫(黄色に黒の点!)がワインボトルにとまっていたので、撮ってみました。私のレンズではあまり近づけなかったり、ピントが遠くまで合ったりしていますが、借りたレンズ(マクロレンズ)はきれいにピントがてんとう虫だけに合っています。
なるほどー。
でも、たくさんレンズを買えばいい写真が撮れるわけではないということも初心者には大事な考えですね。

いつもぶらぶらハイキングをしている時にはなかなか気づかないアメリカ独特の虫や植物などを見つけられたのも写真を撮ろうとしたおかげです。下の写真は今日の会心作、変な葉っぱです。

20080525_011.jpg


このあと、S夫妻と一緒に友人のY夫妻宅を訪れ、だらだらとお酒を飲んで、もうすぐ1歳になるYの息子をいじって遊んでいました。なんか久しぶりに「ゆるーい感じ」の幸せな休日を過ごしました。

S旦那様の作品はこちらからご覧になれます。(T.M.)

Takuya Sugawara Photography
  1. 2008/05/27(火) 21:05:17|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Room to Read 新たな挑戦

アメリカに来てから、1年が過ぎようとしています。今年から新たに「Room to Read」というNGOの活動に関わっていく事にしました。学生の頃からNGOなどの活動に興味があったのですが、自分を犠牲にして関わるのは嫌だな・・・などと考えているうちに、機会を逃していました。お気に入りのRumiさんのブログ「だれも書かない★ニューヨーク1%未満」で「Room to Read」を知り関わることにしました。寄付をする人たちも、自分たちのレベルに合わせて、楽しみながら活動に関わっていること。運営している人たちもビジネス感覚をもち、寄付した方や全体に対して結果を明示していること。サポートを受ける人たちも、ただ与えられるのではなく、一緒に達成するチームをつくりサポートの内容が活性化されていること。などに共感しました。

Room to Read」は元マイクロソフトのエグゼクティブであったジョン・ウッドが旅した、ネパールでトレッキングの途中に出会った小学校に本を届け、図書館を作ることからはじまりました。創立7年目のNGOですが、アジア・アフリカ8カ国で5,000の図書館や現地の言葉に訳された絵本の提供、女子への奨学金提供などの活動をしています。また、クリントン前アメリカ大統領が主催している、Clinton Global Initiativeにも参加しており、2010年までに図書館を5,000→13,000に増やすという目標をあげています。今後も、「Room to Read」の活動内容やアメリカの寄付文化に関して、私の目線で見えてきたことを書いていきたいなと思います。

☆Room to Read イベントのご紹介☆

日 時: 6月12日 18時~
場 所: Bruno’s  2389 Mission St San Francisco CA 94110 USA
      http://www.brunoslive.com/default.htm
参加費: $20(寄付になります。ドリンク代含む。多分。豪華商品もあたります!)

500万人の子供たちに、教育をプレゼントするという大きな「夢」に向かって、活動しています。飲み会に参加するような感覚で、ちょっと覗いてみませんか♪Room to Readの活動内容を知ったり、新しい人との出会いの場になればと思います。私も初参加なので、今から楽しみです。参加出来そうな方、事前に個人的ORコメントでご連絡頂けると、うれしいです。(S.M.)
  1. 2008/05/23(金) 15:53:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

結婚記念日

指輪

今週は、2回目の結婚記念日でした。二人でダウンタウンにあるイタリア料理を食べに行きました!なんと、TMからサプライズで指輪をプレゼントされました。去年も、結婚記念日にプレゼントをもらったのに、去年も今年もSMはプレゼントを準備するのを忘れてしまいました。(笑)TMありがとう!!!

結婚してから、最初の一年は共働き横浜で暮らし、2年目はここアメリカで暮らしています。これからも、住む場所や環境は変わっていくと思いますが、二人で仲良く結婚記念日を迎えることが出来ればと思います。(S.M.)
  1. 2008/05/22(木) 21:50:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

夏到来

先週サンフランシスコ近辺は、記録的な熱波に覆われとっても暑かったです。天気予報でも、最高気温が100F(摂氏37度)くらいになるので気をつけましょうと注意を呼びかけていました。この地域では、やはり乾燥に起因する火事が怖いようです。私のほうは、暑さに負けて、グータラと家ですごしていました。

夏がやってきたので、近所で行われているファーマーズマーケット(朝市)で見かける野菜も、色が鮮やかになってきました。緑の葉野菜も種類が豊富ですし、アメリカンチェリーやネクタリンもお店に出だしました。

我が家は、お野菜をなるべくファーマーズマーケットで買うようにしています。最初は、外国っぽくてカッコいいなという程度の思いでしたが、食の安全や食育などの話を聞くといい選択をしているのではないかな?と自画自賛しています。私が心がけているのは、オーガニックの食品を選ぶこと。フードマイレージ(食べ物が運ばれてきた距離)を考え、なるべく地元の物を、地元の方から購入すること。結果として、食べ物の輸送時に出る二酸化炭素排出の削減に貢献したい。なるべく多くの種類の食べ物を、自分でひと手間かけて食べること。

毎晩、晩酌をする我が家では、子供の時から夕食は家族そろって、その日にあったことをおしゃべりしながら、1時間以上かけて食べていました。また、母は季節感も大切にし、旬の物をだしてくれたように思います。そんな食生活をしていたおかげか、結婚するまで味噌汁も一度も作ったことはありませんでしたが、毎日の食事作りは特に困ることはありません。酔っ払いの戯言かもしれませんが、地元で取れた旬の食材を食べながら、毎日晩酌をしながらゆっくり食事をする生活を楽しみたいと思います。

お野菜

本日デビューのお買い物のお供。ガーナ製の籠。大学で開催されていた模擬店で値切って$20で買いました!買い物がますます楽しくなります♪

フードマイレージとは?http://www.food-mileage.com/about/

(S.M)
  1. 2008/05/18(日) 14:12:12|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Free Korean BBQ

先日、日本人のお友達の家で見た日本の雑誌にホームパーティーの特集がありました。クリスマス前に発売された雑誌のようで、ホームパーティーでは丸ごとチキンを焼いたり、ケーキを焼いたり、主催者の方がものすごいおもてなしをしていました。もちろん、お家もクリスマス風に飾りつけられ、招かれた方たちも気合を入れてドレスアップしています。

私たちが今日お邪魔したホームパーティーは、研究室の一員である韓国人の学生が主宰する韓国式バーベキューパーティー。先週の水曜日、研究室のメンバーにバーベキューパーティーをしようというお誘いがメールで届きました。そして翌日届いたのは、参加者は事前に参加費を払ってください♪というメール。経済的にあまり余裕のないらしく、参加費を事前に集め、そのお金で準備をしたいという微笑ましいメールでした。それに対して、招待客の一人である教授が、「自分は参加できないけれども、パーティーの費用はポケットマネーで出すよ」という有難い提案。もちろん、学生達は大喜び!大騒ぎ!!!!タダでバーベキューパーティーだ!!!!と気合入りまくりです。笑

今、私たちが住んでいるのがカリフォルニアで、周りは学生達という環境に起因しているのかもしれませんが、こちらではホームパーティーに対する垣根がとても低いように思います。今回主催してくれた韓国人の学生も、皆でワイワイ騒げる空間を提供してくれていますし、自国の文化・食生活を伝える場を提供してくれています。それに対して、お金はある人が提供すればよいのですし、なければ皆で出し合えばよいのです。もちろん、服装はカジュアルです。場所も彼が住んでいる寮の前にあるベンチ&バーベキューコンロで紙皿などを使いました。ワイワイおしゃべりし、新しい文化を知ることが出来とても楽しい一晩でした。

今夜、私たちアメリカに住んでいると強く感じさせられたのは、パーティーの途中で突如銃を持った警察官が5人ほど建物に入っていきました。一人は、40cmほどの長さの銃を持っています。何か寮の中で問題がおきているのか?銃声は聞こえてこないか?とかなりドキリとしましたが、銃声を聞くことなく女性が手錠をはめられた状態で建物から出てきました。どんな問題があったのかは判りませんが、問題が起きた際にすぐ銃がでてくるというのは、やはりアメリカです。全米でもトップクラスの安全な地域ですが、安全に胡坐をかいていてはいけませんね。
(S.M.)
  1. 2008/05/10(土) 23:31:27|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴルフデビュー

4月28日に、T.M.&S.M.二人そろってサンフランシスコに戻ってきました!そして、今週は早速S.M.のお友達が遊びにきてくれたのをいいことに、遊びまわっています。本日は、朝からワイナリーに行って、赤&白を試飲しました。自宅から40分ほどの距離ですが、丘の上からの眺めもよく、ワインもおいしく素敵なところでした。本当は、ピクニックエリアでのんびりランチでもしながら、ワインを一本あけたかったのですが、午後にゴルフのデビュー戦が控えているので、おとなしく2種類の試飲で留めておきました。

ゴルフの前には、腹ごしらえをしに飲茶レストランへ。中国人の多い町だけあり、本格的な飲茶を食べることができました。熱々の飲茶を食べようとするあまり、早食い競争のようにサッサとたべてしまいました。しかし、周りも似たような状況のようで、日本のラーメン屋さんのようにお店の開店は早かったです。

そして、ゴルフデビュー!!!!今日のメンバーは、学生時代ゴルフ部だった先生&2回目の新人1名+今回初めてのT.M.&S.M.。テーマは、周りの方に迷惑をかけない。値段が少し安いアフタヌーン料金で3時37分にスタートしました。私S.M.&お友達のガールズチームは、アイアン1本+パター1本の2本体制で、どんどん打ち進めて行きました。当然ながらたいした距離も飛ばないので、打っては走る。打っては走る。しかしながら、奇跡的にボギーやダブルボキーなども出すことが出来、18ラウンドをT.M.はスコアー131&S.M.は139で回ることが出来ました。終了したのは、ほぼサンセットした8時30分でした。本日行ったのは、サンノゼゴルフ場。気さくにゴルフを出来る場所で、コースじたいもあまり難しくなく、鳥やリスなどを見ながら楽しむ事が出来ました。ちょっと、ゴルフにはまってしまいそうです。本日のコーチ、Thank you!(ハート)

ゴルフ1

ショットを打つT.M.


ゴルフ2

日本から遊びに来てくれた友人のナイスショット (ティーショットのライン、超えてますけど。)


ゴルフ3

S.M.のショット 飛んだかな? イヤ、残っている。写真用の素振りでした。笑


ゴルフ4

のどかなゴルフ場

ゴルフの後は、腹ごしらえ。アメリカらしいステーキ屋さんで、友人の大好きなレア・ステーキ&アメリカ代表チーズバーガーをワインと共にお腹いっぱいたべ、最後にはクリスピクリームドナッツで、ドーナツを1ダースも買い、おうちでシャワーを浴びてから、コーヒーと共に食べちゃいました。長い一日でしたが、大満足の一日でした!


肉

血のしたたる肉!


ドーナッツ

真夜中のドーナッツ

(S.M.)
  1. 2008/05/04(日) 01:31:35|
  2. 旅行・アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

Thomas CA

Author:Thomas CA
Thomas
2004年生まれ。くま。
2年間、CA(カリフォルニア)を堪能して、現在は強敵K.M.に好かれるべく努力中。

T. M.
Thomas Familyあるじ。会社から派遣され、大学で研究していたのも今となっては泡沫の夢。現在は日本でお仕事中。お外で遊ぶのが大好き。

S. M.
Thomas Familyの元専業主婦。
3年間の専業主婦を終え、満を持して仕事に復帰してからはいっぱいいっぱいの日々が続く。

K. M.
Thomas Familyで一番のあばれんぼう娘。まだまだ人生経験は浅いものの、日本語を悪用し、他人のおもちゃを横取りするときは「じゅんばんこ♪」他人のご飯を横取りするときは「はんぶんこ♪」

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

RSSフィード