FC2ブログ

Thomasのカリフォルニア日記

日常の生活で感じたことを、徒然なるままに書き留めていきたいとおもいます。

一時帰国します。

S.M.が一時帰国して、2週間。
朝シリアル昼ブリトー夜カップラーメン生活にも飽き、飲み会祭もひと段落して、S.M.のありがたみも若干わかってきて、ぼちぼちS.M.も帰ってくるなぁー、と思っていたら、

私も一時帰国することになりました。

今回は1ヶ月ほど仕事で帰ります。赴任前の部署が突然忙しくなり、「帰って来い」とのことです。
結局、S.M.も滞在を延ばして4月末まで(もしかしたら5月半ばまで)二人で横浜です。

どっちにしろ、4月末に行われる親友Sの結婚式と5月半ばに行われる大学時代の恩師の退官記念パーティーの両方に参加する予定だったので、ちょうどいいですな。

これを見た友人の皆様、お気軽にお声かけてちょうだいねー。
もちろん「猫の手も借りたい」一時帰国なので、かなり会社に拘束されそうですが、
時間が合えば、みんなに会いたいです。

特に、会社同期、椿なみなさま、DHのみなさま、Ti女史、ほが、ひろ、ananさんあたりを狙っております。
あぁ、だめだ。肝臓が持ちそうにない・・・。

(T.M.)
スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 16:17:05|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

生活力の可塑性

クオリティ・オブ・ライフ(Quality Of Life、QOL)とは、一般に人の生活の質、すなわちある人がどれだけ人間らしい望み通りの生活を送ることが出来ているかを計るための尺度として働く概念である。(Wikipediaより)
今日は医療以外のQOLのお話。


私も大学生のころはほぼ毎日料理をしてご飯を食べていた。

会社に入ってからは寮と食堂を行き来、寮のご飯がない週末は近所の龍巳飯店で中華+杏仁豆腐。

結婚してからはS.M.がほとんどご飯を作ってくれた。

現在、S.M.は息抜きのため、一時帰国中。
さらに、大学は春休み中!!

大学の食堂は現在、メキシコ料理、SUBWAYのサンドイッチ、のみ。

がんばって自炊する < メキシコ料理のブリトーでなんとか生き抜く。

=気がつけば、4年前の学生時代に戻れない私。

これぞまさに、人間のすばらしき適応力。
もうすぐ帰国される眼科のMassuuuさんが研究発表で言っていた「可塑性」(周囲の環境によって生物が適応変化すること)を実感しました。

(T.M.)
  1. 2008/03/24(月) 14:51:48|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

来襲

3/3 Palo Alto
T.M. の家族一同(父S、妹J、弟H)が来襲しました。
到着日は大学見学、その後、私たちの住む町パロアルトで最もおいしいハンバーガー屋さん"Kirk’s Steakburgers"へ。ここは確か過去25年間で20回くらい「パロアルトで一番おいしいハンバーガー屋」賞をもらっているハンバーガー屋さんです。ここでは野菜は自分で自由に取ってのせることができます。いつもどおりうちの父Sは山盛り野菜をのせました。
これが悲劇の始まり。
食べだしてみれば、Sがポテトサラダだと思って山盛りのっけたのが実は、
ショウガ。
それはあかん。
このあとSは一日中舌がしびれていたそうです。

そのあと、近所のスーパーで牛乳パックを見て「ふとさー」(熊本弁で大きい。)
晩御飯はうちで最近マイブームの本場のカルビとキムチ。韓国大好きJ(韓流好きというわけではない。韓流はSの専門)は喜んでいた模様。


3/4 Yosemite National Park
この日は朝からヨセミテへ。学校の最終試験があるS.M.を残して家族4人でいざ出発。
3月初めのヨセミテは雪景色。雪が道路まで積もってチェーン規制や通行止めなどあるのではないかと心配したものの、結局ヨセミテ中心部までは何事もなくたどり着きました。途中、去年がけ崩れをおこして迂回路になっている道路があるのですが、これもまだ何の工事もされておらず、「まあ、アメリカやね」と改めて認識。
最初に着いたときの感想は「白のヨセミテはいい。」
とにかく、夏の緑のヨセミテもよかったけど、白は格別。
新しく買ったデジタル一眼レフカメラも出番です。
と思いきや、Hがどうやらかなりお気に入りのようで、写真取りまくり。気がつけば、私が車で運転中の間も数十枚と写真を撮っていたようで、このまま持って帰られるんちゃうかと若干不安になるくらい。
この日はぐるっと中心部を回って大満足。
晩御飯は「ステーキ」
Sはなぜかアメリカに着てからずっと「アメリカはでかいなぁ。そら戦争勝たれへんはずや」といっていましたが、なぜかステーキを食べるときだけは「全部一人で食べる」と意気揚々。
おそらく胃袋ではアメリカに勝てると思っていたのでしょう。
12オンス(340g)のリブアイ(脂っこい)ステーキをぺろっと平らげる。さすが。
ホテルの部屋に戻った瞬間にビーフジャーキーをぺろっと。
さすが、S。

080304_0090.jpg


080304_0145.jpg


080304_0166.jpg


3/5 Yosemite National Park (Mirror Lake, Tunnel View)
今日は朝からアクティビティーということで、ハイキング。
ただ、雪のためにメジャーなコースは軒並み封鎖。また、景色がきれいで、昨年夏には行ったGlacier Pointも雪で行けず。ということで、初めての「ミラーレイク」ハイキングに行きました。トレイルは往復約1時間程度のコースでしたが、途中のトレイルはほとんど雪道を歩く状態。Sだけ登山靴なしで裏がつるつるの靴だったので、結構大変だったのでは。なぜかSは非常に熊に警戒していました。
でも、ミラーレイクの景色は文字通り、湖面にヨセミテの山が反射して非常にきれいでした。また、少し湖面が凍っているところもあったり、まったく何の音もしない完全な静寂の中でなかなか印象深い場所でした。
その後、Tunnel Viewへ。ここもガイドブックを良く見るまでは知らなかった場所でしたが、冬季も見られる景色の良い場所ということで行ってみました。
ここは非常にアクセスが良い割にはヨセミテの中央部全体が見渡せる非常に写真にはいいスポットでした。
ここから昼過ぎに帰途に着きましたが、帰りは私がどうしても食べさせたかった”IN-N-OUT Burger”に。カリフォルニアにしかないファーストフードハンバーガーのお店ですが、非常に味がいい。お店に冷凍庫がなく、フレッシュなままハンバーガー出しますという意味でIn and out →IN-N-OUTというわけです。Hが非常にお気に入りのようでした。さすが弟、よーわかっとる。
帰りにそのまま家に帰るのではなく、せっかくなので、サンフランシスコのベイブリッジを通り、そのままツインピークスへ。ここはサンフランシスコの全体が見渡せる丘で、映画の舞台にもなったところ(良くは知らない)。せっかくなので、初めて買った三脚の出番。きれいな写真が取れました。初めて行ったのですが、ここは恋人同士には完璧のところ。
私の最近知り合った某友達もこの夜景を前にプロポーズしたとか。納得。
この後、最終試験を終えてへろへろのS.M.をサンフランシスコで拾い、お魚のおいしい"alamo square seafood grill".へ。相変わらず、おいしい。

080305_0289.jpg



080305_0357.jpg


080305_0374.jpg


080305_0443.jpg


080305_0570.jpg


3/6 San Francisco
今日は朝寝坊。ちょっと家の近辺を散歩。日本ではあまり見かけないリス、ハチドリを追いかけて散歩。そのあと、サンフランシスコへ。
ここから有名どころPIER39、フィッシャーマンズワーフ、ケーブルカー、GODIVAのチョコレートシェイク、フェリーターミナルビル、ゴールデンゲートブリッジ。その後はFさん、Rくんおすすめのサンフランシスコのカニ道楽"CRUSTACEAN"へ。ベトナムフランス料理でカニ。いやーほんとおいしかったです。教えてくれてありがとうございます。
ジャズバーに連れて行こうとしたものの、たまたまその日は貸切で入れず、無念。
家に帰ってきてWii大会。
SとJは風船を打ち落とすゲームでびっくりするくらいの僅差を連発。結局夜1時くらいまでWii。

3/7 最終日
前の晩に「結局、テニスできずに帰るなぁ」「明日の朝したらええやん」と言いながら、「どうせ朝早くなんか起きられへんやろー」と思いながら就寝。
しかし、この日のM家は予想外に全員寝起きよーし。
あわててテニスコートへ行き、30分間のテニス大会。T.M.、Sペア対J、Hペアの戦いはなかなか混戦になったものの、途中でおっさんのSが戦線離脱。シングル対ダブルスで、ダブルスの二人はちょびっと経験者。勝てへんわい。
へとへとになったまま、空港へみんなを送りに。

当然この日は仕事にならず、疲れ果てておりました。

(T.M.)
  1. 2008/03/18(火) 10:25:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロスアラモス研究所

スタンフォード大学では、海外から来ている研究者及びその家族の為に、ボランティアが英語を教えてくれます。授業形式のものもあれば、個人レッスンもあり充実しています。先日参加した授業では、先生(90歳近い物理学者の方)が自分の体験談を話し、質問をするというものでした。

その先生が体験した事とは、第二次世界大戦中における原子爆弾の開発(マンハッタン計画)です。物理学者である先生は、徴兵され戦場に赴くかもしくは国内で兵器の研究をするかという選択を迫られた中で、研究を選びます。研究をされていた2年間は、ニューメキシコ州の砂漠の真ん中で、鉄格子と検問に囲まれた中で研究し生活されていたそうです。鉄格子の外に出て、ピクニックなどを楽しむ自由はあったものの、家族や友人に対して自分がどこに居るかを教えることはおろか、近くの都市で知人に出会っても何も話すことは出来なかったそうです。また、手紙はすべて検問されていたそうです。

原爆の原理は、ドイツは発見されていたので、ナチスが原爆を持っているのではないかという思いにかられて、アメリカでは原爆の研究が進められていたそうです。その中には、ナチスの収容所から逃げてこられて、ユダヤ系の学者もたくさんいたそうです。その方たちにとっては、必死で収容所から逃げて自由を得たにも関わらず、アメリカでも鉄格子に囲まれた施設の中で暮らし・研究することにかなり精神的ダメージを受けていた方も多いそうです。

また、私の英語の先生をはじめ多くの研究者の方が、原爆を兵器として実際に使われるとは思ってもいなかったそうです。原爆を持っていることをアピールすることで、戦争を止めさせようとしたそうです。なので、実際に戦争で使われるという話が出た時は、研究所内で反対運動が起こったそうです。戦後、研究所の多くの人が原爆の使用に関しては、反対の立場をとっていたと聞かされ、少し救われる思いです。

日本人である私は、原子爆弾の被害については色々と聞いているものの、製造する側の意図などを聞いたこともなく、また実際に現場にいた人の話や思いを聞くことはとても強烈な印象となりまし。
(S.M.)


080208授業
  1. 2008/03/16(日) 12:56:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MBAを覗き見

先日、MBAにいるお友達に誘われて、フォーカスグループに参加してきました。フォーカスグループとは、新製品やサービスについて意見や情報を収集するマーケティング手法です。今回は、Web関連の新サービスをアジア系が中心に見た上で、各国に別れてそれぞれの国で必要と思われる改善点などの意見を出し合いました。
この新サービスは、既に韓国系の学生がビジネスとして立ち上げており、MBAを卒業後はその会社の社長として、ビジネスを大きくしていこうとしているそうです。MBAの授業では、その新ビジネスを教材として、数名の学生がコンサルティングをしているとの事です。会社としては、無償でコンサルティングを雇うことができますし、学生としては目の前で動いているビジネスを教材に学び・実際に仕事が出来るのです。MBAで学ぶというと、教科書やケーススタディーを通じて勉強するのかと思っていましたが、実際に会社を経営しているとは、すごいな・・・と思いました。のちほど、新サービスが利用出来るようになりましたら、ご紹介しますね。

また、他のMBAの学生に誘われて、ディナー付の勉強会にも参加してきました。MBAでは、ネットワークを重要視しているので、いろんな集まりがあるそうです。今回参加したのは、昨年の夏NGOでインターンシップをしていた二人の学生が、今年の夏にインターンシップを予定している学生に対して、昨年の様子を話し、アドバイスをする会でした。MBAの学生がどんな団体でインターンをし、どんな仕事をするのかな???と思っていたら、二人ともマイクロクレジット関連のNGOでインターンをされたそうです。そして、NGOでインターンをされる前の夏休み前半は、金融機関でインターンをされていたそうです。プレゼンテーションでは、地道な調査の様子や分析結果そして様々なエピソードなども話されていました。次回は、我が家で生物関連のちょっとまじめな飲み会が出来るといいねとTMと話しています。
(S.M.)
  1. 2008/03/14(金) 00:05:17|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サプライズ

今週から、カリフォルニアは夏時間がはじまりました。すでに、桜は散ってしまい新緑が美しい季節になってします。日焼け対策しなくては・・・・お肌も髪の毛もゴワゴワになってしまうこの季節。太陽も夏を感じさせます。

今日は、仲良しKoppepanのおたんじょうび!ほかのお友達との会話で、数日前にその事に気がつき、大慌てでお誕生日会をすることにしました。とは言っても時間もないし・・・・ということで、参加者の皆さんには、それぞれ自分のお昼ご飯を持参頂いたうえで、大学構内にあるピクニックスペース(テーブル&ベンチ)で、ケーキ&お菓子を用意して、ランチパーティーをする事にしました。折角、パーティーをするなら内緒にして驚かそう!と、本人は別の用事で呼び出し、参加者には少し早めにお集まりいただきました。結果は、大成功。本人も全く気がついていなかったようで、大喜びしてくれました!
一番苦労したのは、KoppepanのルームメイトY。顔を見てしまうと、今日のパーティーの事を言ってしまいそうになるので・・・と、何時もより早起きして、本人がトイレに行っている間に、こっそり学校に来たそうです。Yのがんばりのおかげで、サプライズが出来ました。また、参加者の中に3月誕生日の方が2名いたので、急遽3人の誕生日パーティーになりました。 皆さん、お誕生日おめでとうございます♪

080310まり香Bday2


080310まり香Bday


大学構内のピクニックエリア。新緑が美しく、風がさわやかです。午後、のんびりとランチをするには、最高の場所です。風船などで飾り付けをしました。飾り付けを手伝ってくれたEngineer達Thank you.
  1. 2008/03/10(月) 17:23:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Thomas CA

Author:Thomas CA
Thomas
2004年生まれ。くま。
2年間、CA(カリフォルニア)を堪能して、現在は強敵K.M.に好かれるべく努力中。

T. M.
Thomas Familyあるじ。会社から派遣され、大学で研究していたのも今となっては泡沫の夢。現在は日本でお仕事中。お外で遊ぶのが大好き。

S. M.
Thomas Familyの元専業主婦。
3年間の専業主婦を終え、満を持して仕事に復帰してからはいっぱいいっぱいの日々が続く。

K. M.
Thomas Familyで一番のあばれんぼう娘。まだまだ人生経験は浅いものの、日本語を悪用し、他人のおもちゃを横取りするときは「じゅんばんこ♪」他人のご飯を横取りするときは「はんぶんこ♪」

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

RSSフィード