FC2ブログ

Thomasのカリフォルニア日記

日常の生活で感じたことを、徒然なるままに書き留めていきたいとおもいます。

スキー

先週は、月曜日がマーティン・ルーサー・キング・デー (Martin Luther King, Jr. Day)で祝日でしたので、友人夫婦と共に日曜日から一泊二日でスキーに行って来ました。今回行ったのは、Lake Tahoeの南にあるHeavenly Mountain Resortというスキー場です。山頂からはタホ湖が見え、反対側にはネバダ州に広がる砂漠が見える、景色が素敵なスキー場です。私としては、今回のスキーでボーゲンが完全に出来るようになり、パラレルも少し滑れるようになったので満足して帰ってきました。

最後に駐車場に降りるまでのコースが、中級者用の林間コースと上級者用の急な斜面、そして中上級者用のWood コースがあったので、調子に乗って日本ではあまり聞かないWoodコースというのに行きました。そこは、コースとは名前がついているものの、単なる森の中を勝手にすべり降りてくるというもの。上の方は、新雪がたっぷりあったので少しずつ下りて来たものも、下のほうはアイスバーンになっているのと、体力が落ちているせいでコケまくっていました。スキーが上手な友人夫婦&夫たちは、私のためにコースをつくり、スキーが外れるとスキーを履かせてくれるなど、色々とサポートしてくれました。おかげで降りてくることが出来ました!そして、このWoodコースがとっても長い。1Kmくらいは続いたのではないかと思われます。かなり苦労しましたが、道なき道をガンガン進み、本来のスキーはこんか感じだったのだろうなと感じられるコースで、とっても楽しかったです。そしてあらためて、アメリカのスケールの大きさを実感するスキー旅行でした。

08021スキーWoodコース

このWoodコースを滑り(ころがり!?)降りてきました。この急斜面見てください!

080121Lake Tahoe

タホ湖。二日目は、雪模様のためあまり綺麗には見れませんでしたが、おかげで新雪の上を滑ることができました。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/22(火) 12:26:49|
  2. 旅行・アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

東恵美子さんセミナー @JTPA

先日、「アメリカで成功した日本人女性」東恵美子さんのセミナーに参加しました。
この方は投資銀行で数々のM&Aを成功させたすごい方だそうです。

【東恵美子さん紹介】(JTPAホームページより)
日本で大学卒業後にモービル石油に就職、その後McKinseyでコンサルティングに携わる。アメリカの大学院に留学した後、そのままアメリカに残って、 Lehman Brothersにてインベストメントバンカーとしてのキャリアをスタート。以後、Wasserstein Perella、Merrill Lynchと、トータル15年間を投資銀行ですごし、多くのハイテク企業のM&Aを成功に導いた。特に、90年代には、シスコシステムズの大規模 買収案件を数多く手がけた。
現在はTomon Partnersを設立、表面に出てこない大きな買収・投資案件のディールメーカーとして活躍中。ICU卒、ハーバード大学MBA。

仕事内容の詳細に関してはやはり専門外なので、完全に内容を理解することが出来ませんでしたが、かなり私のような初心者向けの話をしていただいたので、なんとなくのイメージはつかむことが出来ました。

投資銀行のM&A(企業の合併・買収)の部門は、売る側の会社または買う側の会社を顧客として、その売買に関するコンサルティングを行う仕事、と理解しました。
売る側の会社が顧客の場合、どこの企業に売るかの選択、いくらで売るかの交渉、などを判断、アドバイスします。
買う側の会社が顧客の場合は売る側よりも難しく、買うことによってどのようなメリットがあるのか、いついくらで買うのか、売られる会社にいる社員のモチベーションを合併後どのように保つか、などの情報を社外社内からたくさん集め、的確にアドバイスするそうです。
この仕事に最も要求されるのは「タイミングの良い判断力」と「独自のアイデア」だそうです。

それよりも最も勉強になったのが、“どうあるべきか”です。
・ 数回の転職を行われたときの判断基準は、「将来の選択肢が広がるように選ぶ」
・ 仕事の心掛けは「何でも適当に。完璧主義はしない。」子育ても適当にすることで子供が良く自立する、という考えだそうです。
・ いい成果が出たときに喜びすぎず、次の仕事に淡々と取り掛かる。喜んでいる間にもライバルは次の仕事をしており、置いていかれる。
・ 結果が全て(アメリカでの話)。仕事中のいわゆる“人付き合い”は悪いほうだそうです。
・ 楽観主義。

本当にすごい人間は「何をしたいか、何をするべきか」= To Doだけでなく
「人間としてどうあるべきか」= To Beもしっかり持っているんだなぁと実感しました。
会社の社員研修で教わったとおりでした。

あと、日本の大企業の社長は年寄りが多い。あと数年社長を無難にこなせば、その後の社会団体のポストが待っていたりするので思い切った判断をせず、保守的になる。と指摘されていました。なるほどと納得しました。ただ、「東芝の社長はよう思い切った判断をしている」とほめていました。私も以前からそう思っていましたので賛成。

(T.M.)


  1. 2008/01/16(水) 00:41:27|
  2. ビジネス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

新年会

先週末は、JCCNC(北加日本商工会議所)の新年会に参加してきました。ウェスティンホテルで、カクテル・ディナー・松崎しげるのショーと盛りだくさんな会でした。サンフランシスコ総領事をはじめとした大使館関係者・在サンフランシスコの企業関係者・在サンフランシスコの日系の方などがパートナー同伴で参加されていたため、とても華やかなパーティーでした。このような会に参加して感じることは、”Society”の存在です。大学の周りでも“家族”“研究室”“学会”など “Society”の存在を感じますが、大きなパーティーに参加すると特に感じます。”Society”の一員になると、仲間がおり、情報がありとても心地良いのですが、まだ一員ではないかなと感じるときは、すこし居心地はわるいですね。今回は年配の方が多く、私達は少し浮いていました。
松崎しげるのショーは、期待を裏切らない「顔の黒さ」と「ねばっこいトーク」でしたが、アドリブも安心して聞いていられる、プロらしいショーでした。

それから、JAZZ BARに行って来ました。デートスポットして、アメリカではよくJAZZ BARを聞くのですが、今まで行ったことがなかったので、行ってきました。
丘の上に建つホテルの最上階にあるJAZZ BARは、とっても夜景が素敵なところでした。20代後半~70代くらいまでの人たちが、お酒を飲んだり、音楽を聴いたり、踊ったり。自分達の好きなペースでこの空間を楽しんでいます。私達には、少し大人の空間を覗いたような感覚ですが、気に入ったのでまた遊びに行きたいです。
080112夜景


080112.jpg


週末は、ひさしぶりのデートでした♪

(S.M.)
  1. 2008/01/14(月) 22:26:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
大晦日に旅行から無事に帰ってきたため、近所の日本スーパーでお正月らしものを買い集め、即席のおせち料理で新年を迎えました。

071231おそばjpg

年越しそば。なんで、「にしんぞば」じゃないの???と不思議そうな顔のTM。単純に私がざるそば好きなだけです。

080101おせち1

スーパーで購入したものをお重に詰め合わせて。煮しめは朝から炊きました。SM家伝統の、朝からお酒にTMはかなりびっくり。

(S.M.)

せっかくなので、九州の真ん中あたりにあるT.M.家伝統のお雑煮を紹介しましょう。

お雑煮は、丸餅のおすましで、具は筑前煮のように具だくさんです。

080101おせち2

お雑煮のおわんのとなりに、納豆を入れた大き目のおわんを用意します。

080101おせち3

納豆はよくかき混ぜ、そこに、砂糖を加えてよく混ぜます。

080101おせち4

お雑煮のお餅は決してそのまま食べず、納豆の上へお引越しします。

080101おせち5

納豆とお餅をよくかき混ぜて、いただきます。

これは、ごく普通の食べ方ですが、謎も多い伝統料理です。
・いつからはじまったのか?(少なくとも3代は続いていますが・・・)
・どの範囲の文化なのか?(うちの田舎の近所の人がやっているかどうかもわかりません。)
・なぜお餅が雑煮に入っている必要があるのか?(雑煮から直接お持ちを食べたことはありません。)

(T.M.)

  1. 2008/01/01(火) 22:32:44|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

グランドサークル旅行その6

07/12/29 Jemez /Zia Puebloの居留地 Santa Fe
07/12/30 Indian Pueblo Culture Center Albuquerque old town

今回の旅では、自然遺産と文化遺産両方を見る事ができました。最後の二日間は、ネイティブアメリカンの人々の文化を知るべく、居留地を巡り、博物館でダンスやツボを見たり、昔ながら製法でつくったパンを食べたりしました。ネイティブアメリカンの人たちの歴史や文化を知らなかったので、これからもう少し見たものの裏にある意味を知りたいなと思い、本を買って帰りました。勉強しようと思います。

071229 Dance


071229 Pot


ニューメキシコ州に入ると食事がメキシコ料理になります。どれもメキシコで食べたのと同じで、辛いけれども美味しい!野菜をたっぷり食べることができ嬉しいです。

Ab氏とは、アルバカーキーの町で別れました。サークルのOB中心に6名でアメリカ横断中のRV車(キャンピングカー)に拾われていきました。あと、数日でニューヨークに到着予定のはずですが、無事に到着するのでしょうか。
  1. 2008/01/01(火) 22:20:35|
  2. 旅行・アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グランドサークル旅行その5

07/12/28
アステク遺跡→チャコカルチャー国立歴史公園

この日も先住民族の歴史をお勉強する1日でした。
アステク遺跡(Aztec Ruins)はメサベルデと同じアナサジ族が築いた集合住宅です。
これは平原に建てられた集合住宅で、作り方や神殿として使われたキバなどはメサベルデそっくりです。歩いて行き来して情報交換とかをしていたのでしょう。

071228AztecRuins1.jpg

   Aztec Ruins

071228AztecRuins2.jpg

   神殿「キバ」(復元)ここのはかなりでかい。

この後行ったチャコカルチャーと非常に似ており、このような集合住宅があちらこちらに建っていたようです。レンジャー曰く、「アステクの市街地にあるホリディインというホテルは遺跡の上に建っている」とのことです。
日本なら絶対だめなんでしょうけど。



チャコカルチャー国立歴史公園はメサベルデから車で南に約4時間の高原砂漠地帯にあります。9世紀から12世紀にかけて栄えたチャコ文化の中心地だそうです。
ここは未舗装路を1時間かけて走り、途中には小川を横切るというなかなか厳しい道のりですが、小川は枯れて、道に雪はなかったので楽勝でした。

071228ChacoCulture5.jpg

   未舗装路を行く。

ここもメサベルデ、アステクと同じく、集合住宅が遺跡として残っているのですが、こちらは崖を利用するのではなく、台地の下側に城塞のような集合住宅を作って暮らしていたようです。アステクと非常に似ています。

071228ChacoCulture2.jpg

   概観図。でかい。

建築方法はレンガまたは石を使うという差を除いて全く同じだったので、非常に昨日のお勉強が役に立ちました。わざわざ雪道を走っただけのことはありました。

071228ChacoCulture1.jpg

   崖の下の巨大集合住宅。“プエブロボニート”   

また、台地の崖にはペトログリフ(彫刻画)があり、非常に面白いモチーフがたくさん描かれていました。非常に崖の高いところにもあったので、3階建てのおうちの3階の方が落書きされたのでしょう。

071228ChacoCulture3.jpg

   ペトログリフ(人)

とにかくゆっくり見るには4時間では時間が足りず、日暮れの5時に閉まる遺跡の最後のお客となってしまいました。

071228ChacoCulture4.jpg

   おまけ。
   目は梁の部分。口は窓。

そこからあわてて未舗装路を走り、近くのクーバという町で泊まりました。
町に1軒だけ開いていたメキシコ料理屋に来て、ニューメキシコ州に来たことを実感しました。これからは毎日メキシコ料理です。

(T.M.)
  1. 2008/01/01(火) 15:05:14|
  2. 旅行・アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Thomas CA

Author:Thomas CA
Thomas
2004年生まれ。くま。
2年間、CA(カリフォルニア)を堪能して、現在は強敵K.M.に好かれるべく努力中。

T. M.
Thomas Familyあるじ。会社から派遣され、大学で研究していたのも今となっては泡沫の夢。現在は日本でお仕事中。お外で遊ぶのが大好き。

S. M.
Thomas Familyの元専業主婦。
3年間の専業主婦を終え、満を持して仕事に復帰してからはいっぱいいっぱいの日々が続く。

K. M.
Thomas Familyで一番のあばれんぼう娘。まだまだ人生経験は浅いものの、日本語を悪用し、他人のおもちゃを横取りするときは「じゅんばんこ♪」他人のご飯を横取りするときは「はんぶんこ♪」

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

RSSフィード