FC2ブログ

Thomasのカリフォルニア日記

日常の生活で感じたことを、徒然なるままに書き留めていきたいとおもいます。

異文化コミュニケーション with Middle East

今ちょうど仕事で中東某国のお客さんが来日してそのお世話をしています。

中東に水処理の試験プラントを置いてテストをするので、その使い方を現地の人に教えるというものです。お盆からの一ヶ月間は、毎日そのお客さん二人と朝から晩までべったりお相手です。
最初はホテルと会社の送り迎え、電車とバスの乗り方を教えて、ホテルの近所にあるスーパーでの買い物の仕方を教えて、会社では4Lサイズの作業着を準備して、地震が来たら避難するんだよと教え、トレーニングのためのカリキュラムとマニュアルを作成して、トレーニングを行っては意外と鋭い質問に答え、土日も会社で重労働をこなしたり鎌倉のツアーガイドをしたりという日々を行っています。
自分の仕事時間がほとんどなく、久しぶりに一日中英語をしゃべっていることもあり、先輩とお客さんの間で意思疎通の手助けを行っていることもあり、しんどいのは事実ですが、しんどいばかりではなく、いろいろと気づくこともあります。


まず、久しぶりに英語でコミュニケーションをとっていることで久しぶりに英語の勘が戻りつつある気がします。
とっさに日本語が出てこなかったりすると、実感します。


日本人が中東に対して間違った先入観を持っていることも一つありました。
来たのはイスラム教徒の方(ムスリム)なんですが、ちょうど今年8月はラマダーンという月で、一ヶ月間断食をしていました。日が登っている間はご飯も水も口にせず、日が沈んでからご飯を食べるのですが、ご飯と言っても制限があり、豚肉は食べず、他の肉もイスラム教の教えに則った裁き方をしないといけません(ハラルフード)。
横浜、湘南地域ではハラルフードを出すレストランはほとんどありません。
数少ないハラルレストランの多くはインド料理なので、とある日本人はウェルカムパーティーでインド料理屋を予約しました。お客2人にこれを伝えると、一言

「インド料理はダメだ、辛すぎる」

その人は結局慌ててレバノン料理に予約変更していました。
イスラム教とご飯の制限に囚われすぎて、中東とインドはちがう国でご飯もちがうことに気づかなかったんですね。


また、中東でも国によって違うことがいろいろあることもわかってきました。これは「日本と韓国は同じ東アジアでもちがう」と言われれば当たり前ですが、知らない地域だと意外と気づかないことです。
サウジアラビアは他の国と比べても一段とイスラム教の教えが厳しいことや、国によってお酒が飲めたり飲めなかったり、ピスタチオの味が国で違ったり、などなど。


カリフォルニアにいた時と同じ感覚も感じました。
今回のお客さんもとりあえず主張します。何はともあれ要求してきます。
この主張や要求を突っぱねるのが面倒くさいと思って「はいはい、じゃあそれで行きましょう」と要求を飲むと、限りなく損をしていきます。面倒くさいから聞かなかったことにして適当に流すと、ことあるごとに同じ事を何度も要求してきます。カリフォルニアで経験したように、飲むとややこしくなる要求に対しては面倒くさかろうが相手を説得、丸め込んで要求を突っぱねるのが正しいやり方だと思います。これに関しては、同じ感覚で過ごしています。


残りは10日間ですが、初めての文化や物の考え方を知りながら、少しずつ仲良くなってきて信頼関係もできてというプロセスは相変わらず楽しいと感じました。

(T.M.)
スポンサーサイト
  1. 2011/09/04(日) 20:07:54|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Best friends of mine.

久しぶりのブログ更新です。

というのも、この3日間は外出しっぱなしでした。
アメリカから私のユダヤ人のともだち夫妻(M.B.と奥さんB.L.)+お腹の中のベイビーが日本へ来てくれました。
18週目にも関わらず日本へ来てくれたのは、「何かあっても医療が安心できるから」「K.M.にどうしても会いたい!」とのこと。
彼らは1週間ハワイに滞在した後、2週間の日程で日本へきました。
東京→広島→大阪→金沢→京都の予定です。最初の3日間はThomasファミリー総出で一緒に遊ぶことにしました。


金曜日:K.M.と成田空港へお出迎え→携帯ゲット→JR乗り放題パスゲット→新幹線予約→ホテルチェックイン
→銀座で初めての自動販売機→S.M.と合流、5人で銀座で北海道海の幸ディナー。
土曜日:我が家3人と夫妻の5人で上野公園で花見、花見弁当と日本酒、日本テレビの取材→浅草寺
→舟和で和菓子食べまくり→浅草散策
日曜日:T.M.と夫妻の3人で皇居→新丸ビルで串カツランチと日本酒→新丸ビルショッピング
→原宿でクレープを食べながら人間観察、ショッピング→表参道→渋谷109で日本の最先端ファッションを見学
→渋谷のオーガニックレストランBio-Cafeでオーガニック野菜(フレンチ?)ディナー


成田空港でJR乗り放題パスというのを買いました。
これは旅行目的の短期滞在外国人だけが買えるJR乗り放題キップで、青春18キップとは違い、
新幹線のぞみをのぞくほぼ全ての特急列車指定席に追加料金なしで乗れるんです。
日本人は買えないだけに全く知りませんでした・・・。

外国人(アメリカ在住外国人)が新鮮に思う日本の文化は寺や神社だけではありません。
道端の自動販売機、パチンコ、正確で正直すぎる電車(土曜日には地下鉄内に風船があるために電車が遅れました。)、
花見、紙タオルの無いトイレ、警察官の帽子、渋谷109のギャル、携帯のストラップ、5本指ソックス、
カプセルホテル、ウォッシュレット(ウォッシュレットのボタンが壁かけラジオに見えてまったくどこを押したら水か流れるのかわからなかったそう。)、
日本発の食生活・マクロビ、などなど。これらをいかに上手く外国人旅行者に紹介出来るかもとても難しかったポイントです。
逆にお寺ばかり紹介すると、全てが同じように見えるため、もうお寺はいいよー状態になってしまいます。
今回はあえて鎌倉を外しました。

花見では日本テレビの取材を受けました。本日月曜朝のズームインにM.B.&B.L.夫妻がでるかもしれません。
「外国人が花見を見てどう思うのか」がメインテーマだったそうです。
私は初めてなんちゃって通訳を務めましたが、むずかしいですねー。
特に長い文章を通訳するのに、前半を完全に忘れてしまったりするんですねぇ。勉強になりました。

土曜日の和菓子屋では和菓子をたくさん紹介したいあまり、食べさせすぎてしまったようで、「お腹いっぱい」と言われてしまいました。
日曜日に聞くと、土曜日は慣れない日本食を食べ過ぎて若干疲れているかも、と言われました。
海外を旅行する時の慣れないご飯を食べ続ける旅行者の気持ちを考えなかった自分に少し反省しました。
自分もその感覚は知っているはずなのに。

「なぜ、江戸時代の最後のSHOGUNは大政奉還を行い、せっかく持っていた強大な力を天皇に明け渡したのか?」
質問がシンプルだけど難しすぎます。日本の文化を紹介する為の自分の知識のなさを改めて悔いました。
一からお寺や神社での手の正しい清め方を教えるにも、順番を忘れてしまいました。
「右手でひしゃく(英語で何というのかわからん)を持って、水を左手にかけて、左手で柄杓を持って右手を洗う。
右手に水をため、口を洗い、再びその右手を洗う。最後に柄杓を洗う。」全く適当に教えました。反省。


食材も英語で説明するのに非常に難しいです。日曜ディナーのメインディッシュ、「雑穀ヒエのハンバーグ、春キャベツ添えシークワーサーソース。」全く説明出来ません。
これは穀物の一種、コーンみたいな?のハンバーグ、それに新鮮なキャベツ、南日本にある小さな島、オキナワのレモンのソースがかかったやつ。
説明を待っているより食べた方が早い。料理が冷める。
ほんと、訓練がたりませんね。



最後のディナーの時間でした。
そういえば、どうしてわたしたちは出会って、この渋谷のオーガニック野菜レストランにいるのかという話になりました。


S.M.は小学校の時に航空会社の作文コンクールで入賞して、フィンランドへサンタクロースに会いに行きました。
その後、S.M.が中学生の夏休みにホームステイ、高校で1年間留学することになります。
それ以来沢山の外国の友人と仲良くなりました。


M.B.の両親はユダヤ人、子供は両親の近くにいるのが当たり前と考える両親だったそうです。
M.B.も全く留学等は考えておらず、イスラエルで修士卒業後、イスラエルにある会社に入学したそうです。
彼が会社に入社したときに出会った社員で唯一第一印象が最悪だった社員がいたのですが、その後、偶然会社のオフィスが一緒になったことで最高の友人となったそうです。
たまたまその印象最悪の社員がオフィスの部屋の温度を常に16℃にする人で、そのおかげで彼と同じ部屋になった全ての社員が嫌がって出て行ってしまい、M.B.はちょっとでいいから同じ部屋で働いてくれと言われ、しぶしぶ彼と同じ部屋になったそうです。
M.B.は彼の考え方に触発され、アメリカ・スタンフォード大学への博士課程留学を決めたそうです。
スタンフォード大学で行く予定だった教授が突然NASAで働くことになり、大学を去ったために、別の教授Jのところで研究を行うことにしたそうです。


B.L.の両親は両親の側に子供がいるべきと考える人で、彼女が若い頃ロシアからイスラエルに移住した時も
「普通に生きる」ために引越ししただけで特に国際的だグローバルだとは考えていなかったそうです。
当時のロシアはユダヤ人に対する差別が激しく、ユダヤ人というだけでほとんどどの大学にも行けないという状態だったそうです。
B.L.も同様に特に海外に出て行くことは考えもしなかったそうですが、M.B.との出会いでその考え方が変わってきたそうです。
彼女はアメリカに来る時に母親を説得するのがすごく大変だったそうです。
ちなみに彼女はベジタリアン。


私の両親も海外に対して全く関心がなく、私自身全く海外に対して関心もなく、英語にいたっては最も苦手な教科でした。
大学時代に出会ったS.M.が様々な海外のともだちを紹介してくれ、女の子同士で私に聞かれたくない話を流暢な英語で話すうちに私にも英語が喋れるようになりたい、海外に行くのも面白そうと考えるようになりました。
入社後、たまたま配属された最初のプロジェクトがスタンフォード大学との共同研究。
それから英語の勉強を始め、上司にはアメリカへ行きたいとことあるごとにアピールしました。
研究所でたまたま最若手ということで海外赴任が決定。

私の赴任先がM.B.の教授J。



ということは、
もし、
S.M.が私と結婚しなかったら、
S.M.が大学で私と出会わなかったら、
S.M.が高校で留学しなかったら、
S.M.が作文コンクールで入賞しなかったら、
M.B.の留学予定の教授がNASAに行ってなかったら、
M.B.のBest Friendが部屋の温度を16℃にしなかったら、
M.B.がその会社に入らなかったら、
B.L.がアメリカへ来なかったら、
B.L.が妊娠しなかったら、
B.L.がベジタリアンじゃなかったら、
T.M.がたまたま最初の部署に配属されなかったら、
T.M.がS.M.と出会わなかったら、
K.M.が無事生まれてくれなかったら、
私たちがともだちにならなかったら、


渋谷に片隅の野菜専門店に私たちはいなかった訳です。


やっぱりこれを奇跡とか運命とかと呼んでもいいのでしょう。


私にとって、今日は人生で初めて日本人でないBest Friends of mineができたと実感した日でした。
幸せな日でした。

20100326_8410_.jpg
K.M.、ちゃんとM.B.おじちゃんはあなたのオムツを替えてくれましたよ。

20100328_8501_.jpg
間違いなくこの週末は1年で最も美しい週末でした。M.B.もB.L.もそんな季節とは知らずに日本へ来たのですが。

(T.M.)
  1. 2010/03/28(日) 09:11:46|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

California BBQ

昨日はアメリカでとっても仲良くなったともだち夫婦2組と我が家でホームパーティーをしました。
昨日は久しぶりのカリフォルニアバーベキューでした。
カリフォルニアバーベキューと聞くと、でっかい肉を焼いたり、串に刺した肉を焼いたりするやつかなぁ?とアメリカに行く前は思っていましたが、
カリフォルニアでバーベキューと言えば、炭でハンバーガーの肉、ホットドッグのソーセージを焼いて、バンズ(パン)と野菜をセルフサービスで取って、自分ではさんで食べる、というものが主流でした。

主なメニューと言えば、
ハンバーガー、
ベジバーガー、
ホットドッグ、
ポテトチップス(トルティーヤチップス)、
クッキー、
スイカ、
炭酸飲料、またはビール
です。

今回は久しぶりにカリフォルニア!を思い出したいということで、
近所にあるアメリカスーパーマーケットで色々な食材を買い込みました。

ハンバーガーバンズ
牛挽肉、牛豚合い挽き肉
レッドチェダーチーズ、スイスエメンタールチーズ、
レタス、トマト、タマネギ、アボカド、ピクルス
トルティーヤチップス、Rufflesのポテトチップス、サルサソース、
コカコーラ、Dr.Pepper
カリフォルニアの赤ワイン(Woodbridge、Ravenswood)

完璧です♪

今回は2種類のハンバーガーを作りました。
普通のハンバーガー
(下から、バンズ+ケチャップ+マスタード+ピクルス+肉+チーズ+トマト+アボカド+レタス+マヨネーズ+バンズ)
とギリシャ風ハンバーガー
(下から、バンズ+ケチャップ+焼いたトマト+肉+モッツァレラチーズ+生トマト+レタス+マヨネーズ+バンズ)

特に、ギリシャ風ハンバーガーはお勧めです。
私の行っていたスタンフォード大学の構内にあるギリシャ料理屋さんで出していたのですが、
グリルドトマトの甘み、モッツァレラチーズの優しさが最高なんです。

残念ながら、美味しすぎて写真を撮るのを忘れてしまいました。

ウガンダ帰りのともだちが持ってきてくれたドバイのナツメヤシ(デイツ)を使ったつまみも最高でした。干したナツメヤシとカシューナッツをベーコンで巻いて焼くという物なんですが、最高でした。
日本ならデイツの代わりに干し柿でやるそうです。是非お試しを。

この2組家族とは非常に年齢も境遇も趣味も夫婦の強さバランスも似ているので、話もいつも勉強になることばかり。
久しぶりに会えて楽しかったー。

(T.M.)


  1. 2010/03/22(月) 05:16:39|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送別ボーリング大会

今日は今月末で会社を辞め、転職する同期の送別ボーリング大会を開きました。

横浜でボーリングをしたのですが、最初に驚いたのは、ボーリング場の予約の難しさ。
最低6人以上いないと予約すらできないんです。
3月末の土曜日ということもあって、
予約しなければ待ち時間は1~2時間!
結局ちょうど6人でよかったのですが、あまり適当に「ボーリング大会しよーや」と言うのも考えものだと感じました。

初めて優勝カップを作りました。結構面白いもんですね。
私だけかもしれませんが、急に試合に張り合いが出ました。

結局送別される本人が優勝したので、優勝カップを持ち帰り、次の幹事になってしまいましたが、これでまた次もなんだかんだで集まる口実ができたのはいいことですね。

K.M.もボーリングデビューです。
ボーリング場みたいなところへ行っても、機嫌よくおとなしいK.M.を見て、助かるなぁーというのが正直な感想です。
以前、K.M.6ヶ月くらいまでは小さくってあまり外出なんかさせてはだめだと若干過剰とも考えるくらい警戒しておりましたが、最近はいろいろ外に出て病気を拾って来るのもK.M.のおしごと、くらいに考えております。個人的に。
もちろん、体力的にばてるようなことはしませんけど。
そんなタフなK.M.に感謝。

100320Bowling.jpg
K.M.ボーリングデビュー

(T.M.)
  1. 2010/03/20(土) 07:58:39|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

離乳食クッキング

今日は、離乳食クッキングをしました。

今まではまったく料理をする余裕もなく、S.M.が作ってくれていた冷凍させた離乳食をチンして与えるだけだったのですが、今日は初めて教科書を見ながら離乳食を作りました。

今日は、
野菜スープ
リンゴのすりおろし
タマネギの煮物
さつまいもの煮物
キャベツとしらすのスープ煮

を大量に作り、冷凍しました。
これで1週間は何とかなるでしょう。

ひとつ気づいたのが、
野菜のスープっておいしいってことです。
今まで料理でちゃんと
昆布を水に30分浸した後、干し椎茸といっしょに中火で煮込み、
野菜(今日は新タマネギ、キャベツ、かぶなど)を入れて、20分煮込む、ということをしたことなんてありませんでした。
だって、チキンブイヨンかコンスメスープの素入れたらしまいやん。

でも、ちゃんと作ったスープって、めちゃくちゃおいしいですね。
子供の為にだけではなく、大人の為にもたまにはこういう丁寧な料理を作りたいですね。

(T.M.)
  1. 2010/03/11(木) 05:12:48|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Thomas CA

Author:Thomas CA
Thomas
2004年生まれ。くま。
2年間、CA(カリフォルニア)を堪能して、現在は強敵K.M.に好かれるべく努力中。

T. M.
Thomas Familyあるじ。会社から派遣され、大学で研究していたのも今となっては泡沫の夢。現在は日本でお仕事中。お外で遊ぶのが大好き。

S. M.
Thomas Familyの元専業主婦。
3年間の専業主婦を終え、満を持して仕事に復帰してからはいっぱいいっぱいの日々が続く。

K. M.
Thomas Familyで一番のあばれんぼう娘。まだまだ人生経験は浅いものの、日本語を悪用し、他人のおもちゃを横取りするときは「じゅんばんこ♪」他人のご飯を横取りするときは「はんぶんこ♪」

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

RSSフィード